子供好きにぴったりの仕事

勉学

人気の職業の1つとして保育士があります。ハードな仕事のイメージがある保育士ですが、毎日子供と遊ぶことができたり、成長を見届けたりすることができるので、子供が好きな人にとってはとても魅力的な職業です。保育士になるためには、国家資格を取得する必要があります。専門学校、短大、大学などの保育士養成学校で、養成課程を修了して卒業することで、資格を取得することができます。養成学校に通わなくても、通信教育で学んだり、独学で学んだりして、保育士試験に合格して資格を取得することもできます。高校生の時点で、保育士になりたい、と思う場合は保育士養成学校に通ったほうが良いです。ただ、主婦や社会人などは学校に通う時間がないので、通信教育や独学、資格スクールなどに通ったほうが良いでしょう。不安がある人もいますが、通信教育では試験に出る確率が高いポイントを丁寧に教えてもらうことができるので、資格対策にはぴったりです。

保育士養成学校の1つとして、専門学校があります。専門学校で学ぶことを考えている場合は、専門学校の種類について知っておいたほうが良いです。保育士のことを学べる専門学校には、文化省・厚労省指定校と併修校の2種類があります。前者は指定校と呼ばれていて、保育士資格を取得することができます。後者は、認可を得ていない専門学校になるので、通信制短大と併修して資格取得をします。手間がかかる併修校と思う人も多いですが、資格取得もできますし、短大卒と同じ扱いになるというメリットもあります。それぞれの違いを理解しておくと、自分に合った保育士養成学校を選ぶことができます。